本文へ移動

屋外消火栓格納箱・屋外ホース格納箱

ダウンロードのご案内と使用上の注意事項

・下記図面データからダウンロードできます。
・当社に無断で複製・変更はお避けください。
・製品改訂により、予告なしデータの削除・変更することもあります。
・各地域により製品仕様が異なりますので、確認の上ご使用下さい。
・関西タイプは「赤地白文字」の図面のみダウンロードできますが
  赤バックの無い「切り文字」仕様もご用意できますので弊社営業マンまでお問合せ下さい。
・本データのご使用にあたって発生したいかなるトラブルについて当社は一切の責任を負いません。

屋外消火栓設備(施行令第19条・施行規則22条)

屋外消火栓の設置基準

Ⅰ.建築物の各部分から、消火栓のホース接続口までの水平距離が40m以下
Ⅱ.屋外消火栓の開閉弁は、床面からの高さが、1500mm以下の位置
  地下式消火栓は、地盤面からの深さが、600mm以内の位置
  なお、地盤面下に設けるホース接続口は、300mm以内に設ける。
Ⅲ.屋外消火栓設備の放水用具を格納する箱は、屋外消火栓から歩行距離5ⅿ以内
  設ける。
Ⅳ.加圧送水装置の始動表示灯は赤色とし、屋外消火栓の内部又は直近に設ける。
Ⅴ.屋外消火栓には、その直近の見やすい箇所に消火栓の標識を設ける。
Ⅵ.屋外消火栓(放水器具を格納する箱)には、「ホース格納箱」と表示する。

屋外消火設備の設計基準

Ⅰ.水源の量は消火栓の個数が2以上の場合、2個同時に使用した量以上の量
  7㎥×2個=14㎥以上
Ⅱ.放水圧力はノズル先端で、0.25MPa以上で、放水量は350L/分以上とする。
Ⅲ.屋外消火栓のノズル先端に於ける放水圧力は、0.59MPa以下とする。
Ⅳ.非常電源が必要。
Ⅴ.起動装置は直接操作が出来るもので、屋外消火栓箱の内部又は直近の箇所から
  操作できるものとする。

キタウラの屋外消火栓に使用する架台は「アングル架台」から「板金架台」へ

キタウラの「板金架台」は従来の「アングル架台」と
比べても軽量かつ、重量に対しても十分な強度が
あります。アンカ-を打つ場合も、従来の
アングル架台と変わりありません。
屋外消火栓格納箱本体と架台共に錆対策として
素材から見直した
エコガル(溶融5%アルミ・亜鉛合金めっき鋼板)
を使用すれば雨風にさらされても安心して
ご使用頂けます。
注1)強度を確保する為、高さ170mm以下の場合は
       アングル架台へ変更になりますのでご了承下さい。
   【標準品は300Hとなります】
 2)アンカ-打設しない、コンクリ-ト埋込用にも対応。
  

屋外消火栓格納箱・屋外ホース格納箱 【PDF・DXF】

品名/型式サイズ図面データ
  関西タイプ<標準仕様>  
 一段型【屋外消火栓格納箱】 800H×600W×270DPDF    DXF
 二段型【屋外消火栓格納箱】 1050H×600W×270DPDF  DXF
 一段型【屋外ホース格納箱】900H×600W×270DPDF    DXF
<公共建築工事仕様>  
 一段型【屋外消火栓格納箱】 1150H×850W×230DPDF  DXF
 二段型【屋外消火栓格納箱】 1450H×850W×230DPDF  DXF
  関東タイプ<標準仕様> 
 一段型【屋外消火栓格納箱】
 1200H×700W×200DPDF  DXF
 一段型【屋外消火栓格納箱】 1200H×850W×230DPDF    DXF
 二段型【屋外消火栓格納箱】 1500H×850W×230DPDF    DXF
  中国五県タイプ 
 二段型【屋外消火栓格納箱】 1350H×900W×230DPDF    DXF
  名古屋市タイプ 

   二段型【屋外消火栓格納箱】1350H×900W×230D
PDF    DXF

TOPへ戻る